Treasure hunting in America Mura

もう2週間も前の話になってしまいますが、
先日の大阪「nu things」でのライブの直前に、
同じアメリカ村の、歩いて1〜2分の距離にある
「it's a beautiful day」を表敬訪問。

昨年大阪に行った時にたまたま入ったら
その品揃えに圧倒されてしまい、
すっかりファンになってしまった古着屋。



c0077105_0194870.jpg


いや、「古着屋」と言っても
実際は大半の商品が
60年代〜80年代のデッドストック(新品)。

「Healthknit」のスウェットや
「Woolrich」のウールシャツなど、
「渋カジ」時代にアメカジショップを
にぎわせていたアイテムが
今でも新品で「普通に」買えてしまう、という、
当時を知る者にとっては、たまらないお店。

made in U.S.Aに対するこだわりも、
ハンパないのです。

まさしく、
渋カジ通過世代が「現実逃避」できる場所、
と言っていいでしょう(笑)。



そんな「it's a beautiful day」にて、
前回はUSメイドの「普通の」リーバイス505を
購入したのだが、今回は季節柄、
こんなアイテムを購入。



c0077105_2365589.jpg


「Northway」のネルシャツ。
made in U.S.A
もちろんデッドストックで・・・。
価格は6000円ぐらい。

「Northway」は
古着ではよく見かけるブランドだが、
どんなブランドなのか、あまりよく知らない。

現在は存在しないブランドである事は
間違いないようだ。

さて、古着屋のネルシャツコーナーというと、
薄手の「チープ系」ネルシャツコーナーと、
BIG MACなど有名ブランドを集めた
厚手の「高級」ネルシャツコーナー、の
二つに別れている店が圧倒的に多いが、
「Northway」は、というと、
かろうじて「高級」ネルシャツコーナーに
属する場合が多いものの、
店によってはチープ系ブランド扱いされる場合も多い、という
「1軍半」的なブランド。

で、僕は
みんなが知ってる高級ブランドより、
こういう、一部愛好家が何となく知っているような
ややマイナーなブランドのアイテムが、大好きなのですね。



久しぶりに行った「it's a beautiful day」、
他にもグッと来るアイテムが山積みされていて、
「うーん、さすが」と唸ってしまいました。

改めて敬意を表したいと思います。

また行きたいな、大阪。
[PR]
by boppuccino | 2010-11-04 23:59 | products
<< TATAMI meets WO... 8282 birthday live >>