"fair trade" deadstock

2001年頃にアメリカでの生産を終了したといわれる
コンバース・オールスター。

それまでは日本全国の商店街の靴屋で
普通に売られていたアメリカ製のオールスターが
いつの間にか、古着屋を中心に価格高騰。
「made in U.S.A」の呪縛から逃れられない
日本のアメカジ派ピープルの間で
「お宝」アイテムになっていった・・・

という話は今までに何度も書いたが、
アメリカ生産終了からもうすぐ10年、
デッドストックの数も徐々に減り
かつての「過熱ぶり」もやや落ち着いた感が
なきにしもあらず、だが、
いやいやいやいや、
それでもやはり古着屋に行けば
誇らしげに「箱付きデッド」を飾っている店は多い。

で、気になるのは、その価格。

もちろん、色やサイズや製造年代などが
関係してくるとはいえ、
今や1万5000円以上のプライスを
付けているところも多い・・・。

現行品なら3000円〜4000円程度で買える
オールスターに1万5000円って・・・

いや、でも、これからさらに「枯渇化」が進めば
価格はもっと高騰するはず・・・

と、いろいろな考えが頭をよぎるわけだが、
個人的な見解としては

「オールスターに出せるのは、せいぜい1万円」

かな?

ってことはもうそろそろ、
手に入らないかも・・・と思ってたのですが、
探せばまだまだあるんですね。

某古着屋で見つけた一足。





c0077105_22332047.jpg


コンバース・オールスター
made in U.S.A

箱付きのデッドストック。80年代〜90年代の製造かな?
カモフラージュ柄、っていうのがまたナイス。

で、気になるお値段は・・・7140円。

かなり良心的で、そして
「常識の範囲内」のプライスではないでしょうか?

ちなみにこの一足だけ、一点モノ、でした。

ヒールの「MADE IN U.S.A」の文字が消えないように、
そぉーっと履きたいと思います。

スニーカー・アディクトの
はせ氏にも自慢出来そうな一足、かな?
[PR]
by boppuccino | 2010-05-29 23:59 | products
<< Swissy meets 8282 羽場さんのこと >>