winter collection

「フリンジのついたブーツ履いて・・・」

僕が最近作った曲の中に、
こんなワンフレーズがあります。

フリンジのついたブーツとは
つまりモカシンの事で、
曲の中ではもちろん
女性が履いていることを想定しているわけですが、
でも結局のところ、

「自分もモカシン欲しい・・・」

という、それだけの理由で
この歌詞を思いついたような気がします。

で、モカシン買うなら何を買う?


「どうせ買うなら<ユケテン>の
メチャお洒落なヤツ買いたいけど、
さすがにちょっと、高い・・・。」


「モカシンといえばやっぱ<ミネトンカ>。
値段も手頃だし。
でも最近、みんな履いてるからなぁ・・・。」



そんな多くの面倒くさいアメカジ派ピープルの声を
代弁する形で、今回ご紹介したいアイテムがコチラ。





c0077105_025425.gif


「Bastien Industries」のモカシン。

「バスティン・インダストリーズ」は
アメリカではなくカナダのブランド。

ケベック北部のヒューロン族の村で、
何と1878年から100年以上ずっと、
ネイティブの手によって作り続けられているそうだ。

よって、タグにはもちろん
「MADE IN CANADA/FAITS AU CANADA」の文字。

多くのアメカジ派が
「MADE IN U.S.A」の次にグッと来るといわれる表記。
もちろん僕も、グッと来ました。



モカシンって実は初めて買いましたが、
軽くて、柔らかくて、
そして少しハイカット気味なので
靴下が見えすぎないところも、気に入ってます。

シンプルなカラーリングも、初心者向け(?)で嬉しいです。

で、さらに気に入ってるのが、お値段。

東京・原宿の某ショップの
セールコーナーで何と7980円。

定価の半額だそうです。

ユケテンなら4足ぐらい買えそうですね・・・。



「ファストファッション」を安く買うより、
「非ファストファッション」を安く買う方が
断然楽しいのにな・・・と
ファストファッションの街・原宿で
思わずボヤキました。
[PR]
by boppuccino | 2009-12-02 23:59 | products
<< completion of r... schedule book 2010 >>