class of olive art institute ?

久しぶりに書店の雑誌コーナーを
男性誌・女性誌の区別なくまんべんなく見ていたら、
ある人の名前を見つけた。

その名前は・・・

「湯沢薫(ゆざわかおり)」。

肩書きはアーティスト。
そこに写っていた写真と「湯沢」という姓で

「あれ?もしかして・・・。」

「でも名前が違うし・・・。」








さて・・・
もし元「オリーブ少女」R30世代の皆さんに、

「オリーブのモデルといって思い出すのは?」

という質問をすれば、
おそらく10名中9名が

「うーん、やっぱ市川実日子ちゃんかな?」

と答えるはず。
いや10名中10名かも・・・。

が、そこでさらに

「ではもう1名挙げるとすれば?」

という質問を投げ掛けた場合、どうだろう?

10名中5名ぐらいが、こう答えるのでは?

「湯沢京ちゃん、好きだったな・・・。」






モデル・湯沢京(ゆざわきょう)。

市川実日子サンより少し上の世代で、
「等身大」の実日子サンに比べると
かなり洗練された、
スタイリッシュなモデルさんだった気がする。

そんな京サン、
1990年代後半のオリーブに、

「サンフランシスコのアート・インスティテュートで
ファインアートの勉強中」

と書かれているのを読んだ気がするのだが、
そういえばその後の彼女についての調査をすっかり怠っており、
何となく忘れかけていた頃に、
こんな場所で再会するとは・・・。

いや、もちろん
実際には一度もお会いしたことありませんが。

名前が違うのは
アーティスト活動をするにあたって
芸名の「京」から本名の「薫」に改めたらしい。

個人的には「湯沢京」の響きが好きでしたが・・・。






c0077105_232664.jpg


こちらは今年の春に行われた個展のポスター。
湯沢薫HPより転載)

「オリーブ」といえば
ファッションだけでなく
アートや文学、そして音楽を
常に真剣に取り扱ってきた雑誌だったと思う。

湯沢薫さんのアートは
そんな「オリーブ」が生んだ
最高の「成果」の一つなのかもしれません。

遅ればせながら、
湯沢薫サンの今後に注目してみたいです。
[PR]
by boppuccino | 2009-09-20 23:59 | people
<< from ladies for... the diner open ... >>