an old fashioned mug

最近、ジャンクな雑貨屋さんや
お洒落系セレクトショップ、
さらにはアメカジショップなどでもよく見かける
チープなプラスチックのマグカップがあって、
気になっていた。

今やいろんなお店で
いろんなプラスチックの
マグやタンブラーを売っているが、
他の似たような製品に比べると、
どこかレトロでシンプル、そしてチャーミング。
そんな「あたたかい」雰囲気を持っていて、
見つけるたびに気になってしまう。

ある日、そのマグを手に取ってみた。
そしてふと、カップの底を見ると

「おおっ。これは・・・。」

「やはり。そうだったのか・・・。」



c0077105_2316598.jpg


そこには何と、
「MADE IN USA」の文字が。

「またその展開・・・。」って言わないで下さいね。






c0077105_23181880.jpg



c0077105_23185460.jpg


「ダイネックス(DINEX)」のマグカップ。
(INSULATED CLASSIC MUG CUP)
made in U.S.A。

どことなく60年代風のテイストを感じるが
「ダイネックス」は1985年創業らしい。

一時期は生産中止という噂もあったらしいのだが、
ここに来て「完全復活」(?)を遂げ日本にも本格上陸。
とにかく最近やたらと見かけるのだ。
そして実際、売れまくっているらしい。

いや、確かに、
軽いし、割れないし、頑丈だし、
デザインやカラーもナイスだし、
家庭でもオフィスでもアウトドアでも、
さらには歯磨きのうがい用にも(?)、
あらゆるシチュエーションで使えそう。

僕もさっそく茶色のマグを購入し、
朝の一杯をカジュアルに演出・・・。



c0077105_23193583.gif


となりの赤いフレンチプレスも
ちょっと自慢したかったので、
登場させてみました。

そんな「ダイネックス」のマグ、
お値段も630円とお手頃なので
たくさん揃えたくなってしまいます。

色違いを揃えるのもいいけど、
同じ色をたくさん揃えるのも
業務用っぽくて良さそう。

「made in China」に圧倒されてしまった
マグ界における
「made in U.S.Aの逆襲」に、期待したい。
[PR]
by boppuccino | 2009-05-12 23:59 | products
<< another side of... Georgie & Ben e... >>