nice price BD shirt

古着屋を見ていると、
古着の中にいろんな新品のアイテムが
並んでいることが多い。

もちろんデッドストックの
レアなアイテムである場合も多いが、
そういうのじゃなくて、
ごく最近作られたと思われる新品のアイテムが
何故かひょこっと激安プライスで
混ざっていたりする。

先日も都内某所の古着屋を見ていたら、
白いオックスフォード地のボタンダウンシャツが
4000円というお手頃プライスで何枚か並んでいたのだが、
襟元のタグも見たことのないブランドだったので
そのお店のオリジナルブランドか何かだろうと思って
そのまま通り過ぎようとしたのだが、
いや、でも、それにしては
生地が分厚くゴワッとしていて
作りもしっかりしてるなー、と思い、
つい気になって裏地のタグをチェックしたところ、

「むむむっ・・・。」

何と、そこには「made in U.S.A」の文字が・・・。

裾を見るとマチ付きで、
オリジナルの値札を見ると、定価は何と19800円。

ブランド名は「Lyeden」と書かれている。




c0077105_1172054.jpg


「Lyeden」のオックスフォードBDシャツ。
made in U.S.A。

「Lyeden(ライデン)」って確か中目黒にあるお店で、
アメカジ、といってもちょっとトンガッた感じの
オリジナルアイテムを
いろいろリリースしていたような・・・
と思い、後で調べたら、
どうやら昨年の秋に閉店してしまったらしい。

それで、売れ残ったアイテムがこうやって
某古着屋に回ってきたのでしょうか?
ある意味これもデッドストック・・・。

こだわりのショップだっただけに、
アメリカの名門シャツファクトリーに
別注をかけたのかも・・・。

形も着心地も素晴らしいです。



さて、最後に・・・

以前「アメカジスウェット番付」を作りましたが、
「アメカジオックスフォードBDシャツ番付」も
かなり良さそう。

ちょっと考えてみようかと・・・。

で、おそらく横綱候補に挙がるであろう
アイク・ベーハーって
数年前に「もうすぐアメリカでの生産を終了する」という説を
聞いたのですが、どうなんでしょう?

それにしては今でも多数のショップで
アメリカ製のアイク・ベーハーを見かけるのですが、
あれはデッドストックなのか、
それともまだアメリカで作られているのか・・・?

番付にも大きく左右してくるので
ご存知の方は教えて下さい。

そして・・・
横綱審議委員会・名誉顧問はやはり
原宿キャシディ・八木沢親方しかいない、と
思っております。
[PR]
by boppuccino | 2009-03-26 23:59 | products
<< road to 2010 ? Mr.Postman is b... >>