it's a beautiful buy ?

たこ焼きを持った若者で賑わう、
大阪・アメリカ村のはずれにある
レトロな雑居ビル「ショウザンビル」。

ビルの中には小さな古着屋が何軒も
ひしめき合っているという。

「うむむ・・・ナイス。レッツGO。」

吸い込まれるようにビルの中に入り
その薄暗い廊下をフラフラ歩いていくと、

「おおっ・・・。」

とあるお店のショーウインドーの前で、足が止まる。



c0077105_22421640.jpg


そこには何と、デッドストックの
リーバイス501(made in U.S.A)が
どっさりと積んである・・・。

その光景、まるでUFOキャッチャーの景品のよう・・・。

「これはすごい・・・。」

そして隣りには、
ウールリッチのダウンベストを着たマネキン君。



c0077105_22424620.jpg


「こんにちは。」

「こんにちは。」

このベストにもフラッシャーが付いている、
ということはデッドストック・・・。

「うーん、ナイス。間違いない。」

胸の高鳴りを抑え切れぬまま店内へ入ると、

「うおっ・・・。」

今度は何と、
リーバイス505のデッドストックが
棚にどっさりと積んである。

501だけでもスゴイのに、505まで・・・。

東京の古着屋だと、「最後のアメリカ製」の
501や505のデッドストックといえば
今では30インチ以下の小さいサイズばかり、
値段も2万円近くまで高騰している場合が多い。

が、このお店では31〜34インチあたりの
最も需要の多いサイズも当り前のように揃っていて、
気になるお値段は、
501が13800円、505は10290円と、かなり良心的。

素晴らしい・・・。



c0077105_22423711.jpg


501か505か迷った末、今回は505にしました。

フラッシャーのデザインからして、
90年代後半の製造でしょうか?
サイズは32×32インチ。

ちなみに一緒に写っている雑誌は
大阪のアメカジ雑誌「カジカジ」。
ナイスな内容に、敬意を表したいです。


ちなみにこのお店、
他にも「Levi's」や「Lee」のコーデュロイパンツ、
「Dee Cee」のペインターパンツやオーバーオール、
「Healthknit」のサーマルTシャツ、
「Hanes」のパック入りTシャツなど、
デッドストックのアイテムが
所狭しと積んであって、まさに圧巻・・・。

アメリカ村・ショウザンビル「it's a beautiful day」に
敬意を表したいと思います。

そして・・・
また行きたいです・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-03-16 23:58 | products
<< BOP CITY vol.29 live at jaz'... >>