another Yokozuna of innner wear

サーマルの代名詞、「J.E.Morgan」の倒産については
以前に何度も書いたが、
実際にアメカジショップから
「J.E.Morgan」が消えてしまった、というその光景、
オールドファンには、やはりちょっと信じられない。

古き良きアメカジショップなら
冬になると必ず、「J.E.Morgan」のサーマルと、
あとは・・・
「Duofold」の「2レイヤー」あたりが
当り前のように肩を並べていたよなぁ・・・・

・・・・と、ノスタルジーに浸っていたら、

「ハッ・・・」

と、我に返る。

「そういえば、デュオフォールドの2レイヤー、
 最近見ないね・・・・。」




c0077105_0122225.jpg


「デュオフォールド(Duofold)」の2レイヤーTシャツ。

長袖で、ヘンリーネックで、made in U.S.A。
オーセンティックな雰囲気抜群のアイテム。

外側はウール50%、コットン40%、ナイロン10%で暖かく、
肌に触れる内側はコットン100%でソフトなタッチ、という
2枚の生地のレイヤード。

アメカジ派にとっては
ワッフル地のサーマルと並ぶ「冬のあったかインナーシャツ」。

暖かさも、そしてジジ臭さも
ワッフル地サーマルと互角の勝負だが、
肌触りの良さでは
チクチクするワッフル地より、
ソフトな着心地のデュオフォールドに軍配が上がると思われる。

・・・と言いつつ、
僕はワッフル地のチクチク感が
たまらなく好きだったりするのですが・・・。



デュオフォールドは軍や警察から
エベレストの登山隊などにまで
防寒着を提供していたらしい。

そして黄金時代(?)の「L.L.Bean」の
インナーシャツの製造も
デュオフォールドが請け負っていたようだ。



c0077105_2346485.jpg


かつてのL.L.Beanのカタログには
「River Driver's Shirt」という名称で
誇らしげに掲載されている。

そんなデュオフォールドも、
どうやら数年前に生産地を中南米に移転したらしく・・・

そしていつの間にか
アメカジショップで見かける機会も激減。

まだまだブランドは健在のようだが
何となく、イヤな予感が・・・。
[PR]
by boppuccino | 2009-02-17 23:59 | products
<< the next Tokyo live watc... >>