American casual sweat ranking council

「アメカジスウェット番付」

2006年秋、
age of vintage が渾身の力を込めて作成したものの、
全く反響がなかった迷企画(詳細はコチラ)。

あれから2年とちょっと。
「アメカジ復権」の兆しが見える今こそ、
満を持して「アメカジスウェット番付2009年版」を、
作りたいと思うのだが・・・・。



まずは2006年版の番付を確認しておきたい。

横綱<東>Camber 

  <西>Champion(暫定)

大関<東>Goodwear 

  <西>American Apparel

関脇<東>Kell sports/Anvil 

  <西>Walla Walla/Mayo Spruce

小結<東>Alore 

  <西>Good on




そして、幕内上位力士に求められる条件として

「made in U.S.Aであることが好ましい」

「半袖Tシャツだけでなく、
 ロンT、スウェット、パーカー等幅広く生産していることが好ましい」

「Tシャツやスウェットは、基本的に無地であることが好ましい」

等々・・・・。



さて、2009年版作成にあたって
横綱審議会で最も問題となっているのは、以下の2点。


「2006年の時点では暫定横綱であったチャンピオン関。
 アメリカでの生産を終了してしまったものの
 日本企画の製品の一部で、
 かろうじてmade in U.S.A が存在するようだが、
 それだけで横綱としての品格、あるいは「心・技・体」を
 全て兼ね備えていると言えるのかどうか・・・・。
 引退勧告を出すべきかどうか・・・・。」

「今や圧倒的な人気と実力を誇るアメリカン・アパレル、
 史上最速での横綱昇進を認めるべきか?いやまだ早い?」



で、ひとまず私の個人的な見解による
「アメカジスウェット番付・2009年版」の
暫定バージョンを作ってみました。


横綱<東>Camber 

  <西>American Apparel

大関<東>Goodwear 

  <西>Walla Walla

関脇<東>Tailgate/Anvil 

  <西>Mayo Spruce/Kell sports

小結<東>Alore 

  <西>Good on


いかがでしょうか?

やくみつる氏や内館サンあたりから
反論が届きそうですが・・・。

ぜひみなさんのご意見を、遠慮なくお聞かせ下さい。



ただし、

「くだらなすぎる」

「どうでもいい」

といった意見はやめて下さい。
[PR]
by boppuccino | 2009-01-30 23:59 | products
<< made in ・・・ cat... Forever in Hara... >>