farewell to J.CREW

「J.CREW(ジェー・クルー)」といえば
かつての「渋カジ」〜「キレカジ」時代に
多くのアメカジショップで競うように販売され、
「GAP」や「エスプリ」「バナナリパブリック」と
人気を分け合ったブランド。

そしてその上品かつ洗練されたスタイルは
王者「ラルフ・ローレン」を脅かす存在として、
多くのアメカジ派に一目置かれていた。
たぶん・・・。

そして今から15年ぐらい前(?)に
レナウンがライセンス契約したらしく、
日本に上陸。

最初の頃は僕も注目していて、
原宿や下北沢にあった
でっかい路面店によく通ったが、
そういえばいつの間にか
姿を消してしまった・・・。

その後も渋谷や横浜などで
ビルの中にテナントを見つけると
一応チェックしていたのだが、
正直なところ、上陸当初のような面白さ、
そして「アメカジっぽさ」は
どんどん薄れていってしまったように思う。

そんな「J.CREW」、
もうすぐ日本から撤退するらしい・・・。

いや、これまでの経過からすると、
それほどの驚きはないのだが、
でも日本での「GAP」や「ラルフ・ローレン」の
人気を考えると、
その「中間」的な存在だった「J.CREW」は、
なんでダメだったんだろ?・・・と
ちょっと不思議な気もする。

そして、アメカジがここまで見直されている今こそ
15年ぶり(?)の巻き返しのチャンスだったのに、
という気もするのだが・・・。




c0077105_1114920.jpg


ちなみに上の写真は先日の「クリスマスライブ」の写真ですが、
ここで着用している赤いセーターは
「J.CREW」のモノです。

他にもmade in U.S.Aのベルトとか持ってますよ。

でも日本でのライセンス生産が終了したことで
むしろ直輸入品を扱うアメカジショップは
今後増えるのでしょうか?

そのあたりにもちょっと注目しつつ、
日本から去る「J.CREW」に
ここで敬意を表したいと思います。

SAYONARA.
[PR]
by boppuccino | 2009-01-09 23:59 | products
<< a bag but not f... session of talk... >>