back to country

東京・町田にある
妥協なきアメカジショップ「カントリー(Country)」に
かなり久々の表敬訪問。



c0077105_23145578.jpg


で、今回の目的はというと、
来週の「レコ発&バースデーライブ」で着る
衣装の購入。

ライブの衣装といえば
先日「キャシディ」にて、
ブルーのオーソドックスな
オックスフォードB.Dシャツを購入したばかりだが、
やはり「バースデーライブ」も8年目となると、
B.Dシャツだけでは
ちょっと「遊び」が足りないというか、
毎年来てくれている方々に申し訳ないというか、

「もう少しハジケたいなー・・・」

という気持ちが強くなり、

「じゃあ・・・アレ、いっちゃおうかな・・・」

という気になってきたのであった。




で、そんなアレとは・・・「○ー○ー○ー○」。
現段階ではまだ伏せ字でスイマセン。
ヒントはワークウェア。

「ラウンドハウス」や「S2W8」など、
お店にあったほとんどの「○ー○ー○ー○」を
試着させてもらった末(楽しかったです)、
結局は「ポインター」の、
チープかつオーソドックスな一着を購入。

ちなみに人生初の「○ー○ー○ー○」購入です。
って伏せ字でスイマセン。
ヒントは別名サロペット。

で、その気分は

「うれしはずかし」

といったところ。

写真お見せしたいところですが、
ライブまでは非公開ということで・・・。
(大げさですね・・・)



それにしても「カントリー」、
いつ行ってもそのディープな品揃えと
ウッディで重厚な店内の雰囲気に圧倒されます。

ポインターやラウンドハウスの
カバーオールやペインターパンツを
置いているお店は多いですが、
「○ー○ー○ー○」まで置いてあるお店は
少ないのではないでしょうか?

それでいて
「ポスト・オーバーオールズ」や
「エンジニアード・ガーメンツ」、
そして「レフトフィールド」など、
「今のアメカジ」を感じさせるブランドも
かなり多数ラインナップ。
そのアイテム数は
大手セレクトショップの倍ぐらいありそう・・・。

そのくせ、USモノだけでなく
セントジェームスからインバーアラン、
ビルケンシュトックといったEUROモノまで
さりげなく展開・・・

決して広くない店内に所狭しと並んだ
ブレのないラインナップは、
まさに圧巻です。

改めて敬意を表したいです。



・・・と、
いつものように
個人的な趣味と内輪ノリなネタ全開の
「age of vintage」ですが、
いつの間にか、
何と「200000アクセス」突破してました。

20万・・・

多いのか少ないのかピンと来ませんが、
いつも見ていただいてる方、
ありがとうございます。

これからもよろしくどうぞ・・・。
[PR]
by boppuccino | 2008-11-14 23:59 | place
<< the party's... monologue about... >>