monologue about Cassidy <12>

東京・原宿のセレクトショップ「キャシディ」。

まだ「セレクトショップ」なんて言葉が
存在しなかった頃から、
移り変わりの激しい街で25年以上にわたって、
不動の地位を築いている。



c0077105_23545294.jpg


そんなキャシディに、
やや久々の表敬訪問。

今回の表敬訪問の目的は・・・というと
いよいよ来週に迫った「レコ発&バースデーライブ」の
ステージ衣装用にシャツでも購入しようかと・・・。



で、いざ店内へ入ると、
あれ、八木沢さんが、いない・・・。

でもまあきっとすぐに
レジ奥から出てくるに違いない、と思って
店内を物色していたのだが、
それがなかなか出てこない。



もしかして、今日はお休み?

いや、まさか・・・。



八木沢氏といえば
今までに僕がキャシディを表敬訪問して
会えなかったことは一度もない、という、
驚異的な出勤率(?)の持ち主。

キャシディで八木沢さんに会えなかった、というのは
僕にとってはもはや「事件」と言っても
決して大げさではない。

いや、大げさか・・・。



そんなわけで店内を
ついキョロキョロしていたら
スタッフの合田氏が察してくれたのか

「あ、今日店長お休みなんですよ。」

と教えてくれたのであった。

さらには

「今年から水曜・木曜は休みにしてるんですよ。」

とのこと。

えっ、何と、
週に2日も八木沢さんに会えないなんて・・・

って、いやいや、よく考えたら
それでも週休2日じゃないか。
それが普通じゃないの?

すると・・・

「去年から週1日休むようになったんですけど、
それまでは6年間ぐらい休んでいなかったんですよ。」

との衝撃(?)の事実も
教えてもらっちゃいました。

やはり八木沢氏は本当に
毎日お店に立っていたようです。

本当に、スゴ過ぎますね・・・。



ちなみにお休みになった水曜・木曜も
お店には立たないものの
取引先の代理店を回ったり、
何だかんだで仕事をしているらしい。

八木沢氏の情熱に
改めて敬意を表したいと思います。

「キャシディ」が25年以上にわたって
激戦地・原宿で不動の地位を築いている、
その理由を垣間見た気がします。



あ、でも、
木曜日お休みって事はもしかして
来週木曜のライブ、
来てくれたりしないかなぁ・・・・と
ちょっと期待を込めて、
フライヤーを置いてきました。

昨年惜しくも実現しなかった
「V.I.Pの御来場」はあるんでしょうか?

ドキドキしますね。

当日は多田さんや中林さんもきっと
キャシディで購入したアイテムで
ビシッとキメてくれることでしょう。




で、今日は結局何を買ったかというと、
ブルーのオックスフォードB.Dシャツ。

「キャシディでオックスフフォードB.Dシャツ購入」
といえば、
キャシディ愛好家アメカジピープルなら当然、

「アイク・ベーハー?」

「ギットマン・ブラザーズ?」

もしくは

「インディビデュアライズド・シャツ?」

「ひょっとしてスティーブン・アラン?」

「まさかバンド・オブ・アウトサイダーズ?」

といった名前が出るわけですが、
いや、実はキャシディ・オリジナルなんですよ。


c0077105_2356332.jpg


オーソドックスなボタンダウンでありながら
超タイトフィット、
そして胸ポケットがメチャクチャ小さくてカワイイのが
いかにもキャシディ。

そして何より、
お値段がアンダー1万円、と
上記のブランドに比べると
かなりリーズナブルなのが嬉しいです。
ちなみにmade in Japanです。

いや、本当は
アイク・ベーハーも一枚欲しいんだけど、
なかなか手が出ません・・・。



シャツ自体は非常にベーシックなアイテムなので、
ライブではちょっと「崩して」着たいところです。

K!君は

「やっぱボウタイ(蝶ネクタイ)じゃないと。」

と無責任な事を言ってますが・・・。

どうするかは、まだ考えてる途中であります。
[PR]
by boppuccino | 2008-11-12 23:59 | place
<< back to country season of ginger >>